デザイン思考で人間主体のイノベーションを起こす

 技術や働き方に対する優れたアイデアによって、社会的イノベーションが起こりました。私たちの社会はこの数百年で飛躍的に豊かになったといえます。しかし、世界には環境問題や貧困問題など、未解決の問題が山積みです。機械や仕事を中心としたイノベーションを起こすだけでは、社会をこれ以上よくするのは難しいでしょう。
 なぜなら、問題を抱えたりその問題を解決したりするのは機械や仕事ではなく私たち人間だからです。今後の社会をよりよくする上で必要なのは、私たちの生活そのものに対するイノベーションです。人間主体の発想でイノベーションを起こし、社会に新たな価値を提供すること―̶これがデザイン思考の目的です。

「手だけを雇うことはできない。手の所有者たる人がついてくる」
—エルトン・メイヨー(経営学者/20世紀)